最新情報

銀河系の端が見えてきた

銀河系の端が見えてきた

2019年6月20日

東北大学、国立天文台などの研究チームは、すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ Hyper Suprime-Cam (HSC) が撮像したデータを用いて、私たちの住む銀河系の最遠端、すなわち銀河系を形作る星ぼしの世界の境界をはじめて見極めることができました。その境界までの距離は半径約 52 万光年もあり、銀河系中心から太陽系までの距離 (約2万6千光年) の 20 倍にもなることがわかりました...

詳細をみる

遠方にある超新星の大量発見で宇宙膨張の謎に迫る

遠方にある超新星の大量発見で宇宙膨張の謎に迫る

2019年5月29日

東京大学などの研究チームは、すばる望遠鏡に搭載された超広視野主焦点カメラ Hyper Suprime-Cam (HSC) を用いた半年間の観測により、私たちから約 80 億光年以上もの遠方にある超新星 58 個を始め、約 1800 個もの超新星を発見しました。研究チームは今後、今回得られたデータを使ってより正確な宇宙加速膨張の値を導き出し、ダークエネルギーが時間とともにどのように変化しているかを調べていく予定です...

詳細をみる