最新情報

すばる望遠鏡主焦点カメラ Suprime-Cam の「ファイナルライト」

すばる望遠鏡主焦点カメラ Suprime-Cam の「ファイナルライト」

2017年6月15日

すばる望遠鏡に搭載された主焦点カメラ Suprime-Cam (シュプリーム・カム) が、ハワイ時間2017年5月29日の夜に、最後の観測を迎えました。最後の観測天体には、ペガスス座の方角、約1億光年彼方にある棒渦巻銀河 NGC 7479 が選ばれ、星生成領域の詳細な構造をくっきりと写し出しました...

詳細をみる

影絵で見えた 115 億年前の宇宙の原始超銀河団ガス

"影絵"で見えた 115 億年前の宇宙の原始超銀河団ガス

2017年3月28日

大阪産業大学などの研究チームは、すばる望遠鏡の主焦点カメラによる観測から、115 億年前の宇宙における中性水素ガスの空間分布を、かつてない広さで描き出すことに成功しました。その結果、中性水素ガスが1億6千万光年以上のスケールにわたって原始超銀河団を覆い包むように広がっていることが明らかになりました...

詳細をみる