最新情報

夜空に浮かぶ太古の目

星をふらつかせる未知の天体は惑星?恒星?

2016年9月7日

総合研究大学院大学などの国際研究チームが、すばる望遠鏡を用いて、太陽より重い「中質量星」に分類される恒星のまわりに次々と伴星を発見しました。惑星形成理論から予測される惑星などの伴天体の数や分布を、今回のような観測の結果と比べることで、惑星形成理論の検証と理解につながります...

詳細をみる

夜空に浮かぶ太古の目

夜空に浮かぶ太古の目

2016年7月25日

国立天文台などの研究者からなる研究チームは、すばる望遠鏡の超広視野主焦点カメラ HSC が撮影したデータの中から、2つの遠方銀河が手前にある別の銀河によって同時に重力レンズ効果を受けている、極めて珍しい重力レンズ天体を発見しました。見た目もユニークな天体で、研究チームは古代エジプトの神聖なる神の目にちなんで「ホルスの目」と名付けました...

詳細をみる